Gallery

ギャラリー

信州 飯田 まわた紬 手織りの中の手織 広瀬澄子織

まわた紬 手おりの中の手織 広瀬澄子織 信州 飯田

まわた紬 手織りの中の手織 御案内

この紬は「手織りの中の手織」と私どもは自信をもってお奨め致します。

手織りはやさしさの表現です。

そのため経糸(たていと)、緯系(よこいと)に力を加えずやさしく、しかししっかりと系と糸を組み合わせて手織りするように致しておけます。

絹の豊かな凹凸感と、蚕が描きました8の字のカールを生かしてやさしさと空気を織り込もうと。

この紬は私が手にて本当に丁寧でやさしく織りました。

経糸には手紡糸、緯糸にも手紡糸を使い草木染めを致しておけます。

手紡糸は織り難しさがありますが、糸を作る際も引っ張らず、空気を含む長い凹凸感と、蚕が描きました8の字のカール豊かな味のあるいとです。

是非手作りの味、絹の良さを味わって下さい。

廣瀬草木染織工芸

長野 信州飯田紬