おもしろきこともなき世を

おもしろく

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

弐千年の染織の先達を背負い

魂を結ぶ織物に情熱で挑む

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

京都室町で創業280年以上を迎える帯匠 

誉田屋源兵衛 

 

 

その十代目当主 山口源兵衛による

 

魂を結ぶ

 

究極の帯

 

 

 

ファッション好きなら誰もが知るブランドの

ヨーロッパの有名デザイナー達がお忍びで訪ね、

目利きたちを熱狂させる

日本屈指の帯匠

 

 

その理由がここに…

 

 

計りて作らず 本物は残りて候

言葉や写真だけでは感じることができない

織物に宿る「気配」

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

誉田屋源兵衛

現在は十代目である山口源兵衛が、代々受け継がれてきた技術とともに
「革新」の精神をもって、着物業界に次々と作品を発表しています。
社名の「誉田」は「こんだ」と読ませますが、その読みは遠く応神天皇陵の「誉田八幡宮」に同じです。

1738年元文年間、初代矢代庄五郎により、南矢代誉田屋創業、西陣大火災後の復興に尽力。

1868年明治元年、6代目矢代庄五郎より、京都松尾出身の山口源兵衛が7代目を継承。初代誉田屋源兵衛を名乗る。西陣帯地大元卸商として「横綱」の称号を得る。

1905年三条室町下ル(現住所)の土地を購入。

1917年大正6年、7代目誉田屋源兵衛没、8代目誉田屋源兵衛襲名、継承。

1919年8代目が10年の歳月をかけ、自己の精励刻苦の記念碑として手がけた現社屋完成。

1933年昭和8年、8代目誉田屋源兵衛没。9代目誉田屋源兵衛襲名、継承。

1981年9代目誉田屋源兵衛没、現10代目誉田屋源兵衛襲名、継承。後、帯作りに専念。

1985年全国の原始布を素材として個展を開催。以後、インド、東南アジアの野蚕糸を帯に用いる。

1994年京都六条の江戸末期の町屋にて創業260周年展。

1999年「京都誉田屋源兵衛帯ときもの展」開催。

2000年「誉田屋源兵衛 織りの帯展」開催。

2002年「かぐやこの繭小石丸展」「誉田屋源兵衛~最高級の唐織の帯・小石丸の絹・幻の紙布~文献をもとに飾る」展開催。小石丸企画に対して日経MJ賞受賞。日本の原種の繭である小石丸の復活と継続、日本の染色技術の活性化に努める。

2003年日本文化デザイン大賞受賞。「室町・桃山時代の衣装文様の意味世界」の研究会発足。「誉田屋源兵衛の帯展~金色の絹・マハラジャンシルク(天蚕)を加えて~」開催。

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

十代目 山口 源兵衛

1948年
京都市中京区室町生まれ。
1957年
結核病棟に入院中、読書好きに。
1971年
大阪・船場と新潟・十日町で修業。
1975年
正倉院展の「糞掃衣」に衝撃を受け、帯の創作を始める。原始布を求めて、東北から沖縄まで訪ねる。
1979年
父の死去を受け、翌年、十代目誉田屋源兵衛襲名。父の借金返済のため朝4時起きで自ら日本全国を営業して歩く。
1985年
原始布を素材とした個展開催。以後、東南アジアの野蚕糸を帯に用いる。
2002年
皇居内の紅葉山御養蚕所だけで飼育されていた古代繭「小石丸」の解禁を受け、着物を制作。東京・赤坂の草月会館にて「かぐや、この繭。『小石丸』展」開催。日経優秀賞受賞。
2003年
日本文化デザイン大賞受賞。金色の絹・マハラジャシルク「天蚕」を用いた帯を発表。前衛舞踏家・田中泯の衣装制作開始。
2004年
三条誉田屋で古茶家「素夢子」開店。
2006年
東京の大丸ミュージアムにて、コシノヒロコと隈研吾とのコラボ「襲一墨象色象展」開催。岸和田だんじり祭に初参加。
2008年
ユナイテッドアローズと組み、安土桃山文化をテーマに男の着物を制作。東京コレクションで「傾奇者達之系譜」を発表。
2009年
田中泯主演の映画「ほかいびと」の衣装を手がけ、平成の「糞掃衣」を制作。
2012年
NHK BS「たけしのアート☆ビート、帯に魂を吹き込む男」に出演。「TOYOTA 86」のイメージキャラクターに。
2013年
新居浜太鼓祭りに初参加。
2014年
画家・松井冬子の絵を帯で表現。3月7日、東京・六本木ヒルズでの「ア-トの夜会」にて発表。4月4日、京都・室町の誉田屋本社にて「冬子桜嵐の夜会」開催、同5~8日、一般公開予定。
https://kondayagenbei.jp/about.html#history
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

復活の大麻布

まよたえ

麻世妙

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

古来より日本人の生活に欠かせない存在だった大麻布。

しかし、

第二次世界大戦後に国内での栽培が制限され、

大麻繊維が紡績に適さないため工業化に乗り遅れ、

今では一般にまったく流通していない

「日本人が忘れてしまった布」である。

そんな大麻布をもう一度

日本人の衣として現代に蘇らせた。

螺鈿 麻の葉

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

螺鈿工芸はペルシャ、中国等、相当古くから存在した。

日本に於いて1000年前に螺鈿のきものを着たと云う記述も残る。

天然の貝の美しさをそのままに表現する為、限りなく薄く削り、糸状にして織り上げる。

脅威の技が今に残ることこそ驚愕すべきこと。

文様の初源はオスマン・トルコ・ペルシャである。

不諦不動

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

戦に於いて大将が負けを認めない限り、負けた事にはならないのだ。

軍扇がズタズタに引き裂かれても戦士の誇りはゆらぐ事は無い。

信じ難い豪気な心、剛毅な精神力が、

野性の底力と相重なって新しい現実を創り出すのだ。

江戸時代と云う戦争もない時代、

十一代将軍家斉所用とも伝えられるこの陣羽織は日本の最高の意匠と言えるだろう。

世界中の子と友達になれる

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

日本画家 松井冬子とのコラボレーション作品。

松井は美しい藤の花を描き、そして、

その花に群がるおびただしい蜂達も描き込んだ。

藤の花なのか、群れなす蜂なのか、

その巧妙、細密な表現を、

織物としては限界の太い糸を織り込んで陰影の妙味を用いた。

筆で描くことと、織りで表現すること、

お互いに一歩も譲れない火花を散らすコラボレーションであった。

古箔

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

元来、文化財修復の為に国の依頼で制作された箔であり、一枚毎に独特の表情をそなえる。

箔に用いられる和紙は、兵庫県名塩産のものが最良とされ「名塩の和紙」は、優れた箔の絶対条件であったが、和紙産地の衰退と共に失われていく運命にある。

戦火を免れ 永らく蔵で眠っていた最盛期の技の結晶である。

箔屋の倉庫で100年を超えて変色した古箔は、織物となってはじめて枯淡を帯びた無作為の美に行きつく。

帯になった後も経年で色味が変化していく。

渦巻文様

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

矢羽根

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

女性の人生そのものを輝かせる帯


唯一無二

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi

文化は乱世に昂揚し治世に墜落する

Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
Kondaya-Genbei Kyoto Muromachi Nara Ikoma Obi Kimono Yamaguchi
contact nara ikoma obi kimono yamaguchi
nara ikoma obi kimono yamaguchi shop only
points nara ikoma obi kimono yamaguchi

奈良 生駒 創業32年 

洗練された上質なきもの専門店 

帯ときもの やまぐち

〒630-0123
奈良県生駒市真弓南1-6-1(奈良北高校バス停前)

shop nara ikoma obi kimono yamaguchi
shop nara ikoma obi kimono yamaguchi 2
shop nara ikoma obi kimono yamaguchi 3
shop nara ikoma obi kimono yamaguchi
shop nara ikoma obi kimono yamaguchi 2
shop nara ikoma obi kimono yamaguchi 3

【駐車場】5台完備 ※満車の場合はお声がけください。

Free☎︎】0120-807-858【TEL☎】0743-78-8834

【営業時間】10:30-19:00
※イベント日は10:00-19:00(最終日のみ18:00閉店)

【定休日】日曜日・祝日
(イベント開催日は営業 開催前後日は休業)

contact nara ikoma obi kimono yamaguchi
taisaku measures kimono yamaguchi ikoma nara

【 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策につきまして 】

 帯ときもの やまぐちでは、お客様、従業員のさらなる安心・安全の為、菌・ウイルス対策にも努めております。店内に抗菌・抗ウイルスコーティングを施工し、認定を受けました。今後ともお客様、従業員に喜びを提供し、そして社会に微力ながら貢献してまいります。

〈 店舗での取り組み 〉
1.手指消毒液(アルコールまたは次亜塩素酸水)・自動ディスペンサー・ハンドペーパーの設置
 店舗入口に消毒液自動ディスペンサーを設置し、お客様が手指の消毒をしやすい環境に努めております。
 また、トイレには手指消毒液(アルコールまたは次亜塩素酸水)・クリーナー(アルコールまたは次亜塩素酸水)・消毒液自動ディスペンサー・ソープ自動ディスペンサー・ハンドペーパーを設置し、清潔にお使いいただけるように努めております。

2.抗菌・抗ウイルスコーティングの施工・消毒の実施
 入店口・客席・トイレなどに抗菌・抗ウイルスコーティングを施工しております。また、ドアノブ・扉・ボタン・テーブルなどお客様の触れる機会が多い箇所は、消毒(業務用アルコール・次亜塩素酸水・次亜塩素酸ナトリウム製剤などを使用)を1時間に1回程度実施しております。

3.空間清浄器・加湿空気清浄機・サーキュレーターの設置・換気の実施
 店内に空間清浄器・加湿器・加湿空気清浄機を設置するともに、窓の開放・換気扇・サーキュレーターの使用により常時換気を実施しております。

〈 従業員に対する取り組み 〉
1.マスクの着用

グローブを着用させていただく場合もございます。

2.全従業員が1時間に1回程度、手洗い・うがい・手指の消毒をしております。

〈 お客様へのお願い 〉


お客様に当店を安心してご利用頂けるよう、

1.ご来店日時のご予約

2.ご来店時の手指消毒・マスク着用

のご協力をお願いしております。

グローブ使用をご希望の方はお申し付けくださいませ。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

taisaku measures kimono yamaguchi ikoma nara
Sanitise
contact nara ikoma obi kimono yamaguchi