Gallery

ギャラリー

西陣織 袋帯

絹紙布 美濃和紙

普通の機では出来ない『捩り織』という非常に高度な技法で織り上げ、経糸には最高級の生糸を使い、緯糸には特殊な紬糸、また京都の北山杉の煮汁で染めたリボン状の特殊な和紙糸と極細の正絹を捩り合わせた糸で織った袋帯です。

和紙で織った袋帯は、今までに無いシャリ感があり、つむぎや織りの着物から染めの着物までコーディネート出来る、あじわい深いお洒落な逸品です。

創業以来百有余年機音を絶やさず、受け継がれてきた織技と共に、幻の繭「三眠蚕」や「煌金」など織の素材にもこだわりを持ち続ける西陣織の機元【 松屋-西陣まいづる 】

今日まで脈々と技術を受け継ぎ、西陣の名門として真に価値のある“本物”だけを作り続けています。

西陣まいづる 松屋

京都 西陣織