Gallery

ギャラリー

西陣織 袋帯

透き織 金色堂唐草文

より軽やかな風合いを出すため、「もじり織」の技法を駆使し、袷(あわせ)の着物だけでなく、単衣(ひとえ)から若干薄手の生地感の着物まで、幅広い季節に対応出来るよう織り上げています。 

「もじり織」とは・・・緯糸を一越織り込むごとに、隣あう経糸をもじりながら交差させて織り上げる、西陣のなかでも非常に高度な技法です。

創業以来百有余年機音を絶やさず、受け継がれてきた織技と共に、幻の繭「三眠蚕」や「煌金」など織の素材にもこだわりを持ち続ける西陣織の機元【 松屋-西陣まいづる 】

今日まで脈々と技術を受け継ぎ、西陣の名門として真に価値のある“本物”だけを作り続けています。