Gallery

ギャラリー

別注 手描き加賀友禅 なごや帯

更紗文様 No.10

デザイン・カラーをオリジナルで、加賀友禅作家:奥田勝将氏に手描き加賀友禅なごや帯を製作していただきました。

石川県の金沢で作られる友禅染【加賀友禅】

加賀五彩と呼ぶ、藍、黄土、臙脂、緑、古代紫を基調色に、自然を題材に絵画調に描くのが特徴です。

加賀五彩には「5つの願いが」込められています。

1:臙脂(えんじ)・・・・・・・良縁
2:藍(あい)・・・・・・・・・子宝
3:黄土(おうど)・・・・・・・健康
4:緑(みどり)・・・・・・・・家庭円満
5:古代紫(こだいむらさき)・・長寿

五彩はいく年の時を超えても決して色あせることのなく私達を優しく包み込んでくれます。

手書き友禅の方法は京都と同じですが、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対し、加賀友禅では模様の外側から、内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく、「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く、「虫食い」の表現が独特です。

加賀友禅では金箔・銀箔や刺繍などによる加飾をほとんど施しません。また、多くの場合は作者が図案、下絵、彩色など制作工程の大部分を一人で行うため作家性の強い点も特徴です。

最近の加賀友禅の作家ものは、写生風の草花やモダンなデザインで配色も新しくなっています。

加賀友禅の作家は主に加賀染振興協会に属し、技術者名簿に落款を登録しています。

奥田勝将

石川 加賀友禅