奈良 生駒市 帯ときものやまぐちです。

結婚式にゲストとして参列する服装では、男性も着物を楽しむことができます。

和服での参列は女性のイメージが強いものの、もともと日本の礼服は和服。マナー違反になることはありません。結婚式の男性の服装はスーツ以外にも、日本の古式ゆかしい着物を着用し、新鮮なスタイルを楽しんでみるのはいかがでしょうか。結婚式のお呼ばれで男性が着ていく服装の選択肢も、大きく広がるでしょう。

 

結婚式で男性が着る着物とは

紋付袴には「格」があります。

結婚式で男性が着る着物は「第一礼装」である黒紋付き袴、「略礼装」である色紋付き、「外出着」である羽織袴や袴なしのスタイルです。

 

「第一礼装」黒紋付き袴

男性の和装で「第一礼装」は「五つ紋の黒紋付羽織袴」になります。

羽織には黒羽二重の染め抜きの五つ紋が付き、黒の長着の上に羽織って、仙台平の袴をつけたスタイルです。

紋は背中・両袖の後ろ・両胸元の5ヵ所につき、背中はご先祖、両腕は父親と母親、両袖には兄弟、親戚縁者の意味があると言われ、とても縁起の良いものとされています。

こちらは新郎、新郎の父や親族のみが着用する着物なので、ゲストとして参列する場合は避けましょう。

 

「略礼装」色紋付き

略礼装として「色紋付」があります。

「色紋付」は黒以外の長着と羽織、袴を履いたスタイルのことです。五つ紋付袴に比べると格は下がります。着物では紋の数が下がるほど格も下がります。そのため、略礼装は羽織に紋が一つ以上ついていれば、長着に紋がなくても大丈夫とされています。

紋の数は三つ紋や一つ紋などがあり、三つ紋は背中と両袖の後ろ、一つ紋は背中についています。

一般的にフォーマルな席の結婚式の挙式、披露宴に参列する際は、この略礼装を選ぶといいでしょう。

 

外出着

無地紬の長着と羽織などは、どんなに紬が高価なものでもフォーマルな結婚式ではカジュアル過ぎる向きがあります。適している結婚式としては、レストランウェディングやガーデンウェディングのようなカジュアルウェディング、家族婚や少人数ウェディングなど気兼ねない人たちで集まる結婚式のような場に向いています。

 

帯ときもの やまぐち 店主