こんにちは!

「帯ときもの やまぐち」の繭べぇ(まゆべぇ)です。
すっかり普段の生活に戻りましたね。

 

さて、おしゃれできものを楽しむなら、
やはり小紋や紬のきものになりますね!

 

きものがどうしても、
落ち着いた色合いが、
多くなってしまいがちではないでしょうか?

 

「少し色を入れて明るくしたいかな!?」

 

そんなとき、
「琉球紅型」(りゅうきゅうびんがた)は、
鮮やかな色彩で着姿を明るくしてくれます!

 

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)とは?

 

沖縄の伝統工芸品の染めもの。
王侯貴族の衣装として、つくられていました。

 

あでやかな色彩が特徴で、
顔料と植物の染料を使って、染めています。

 

そのため、とても強い色で、
南国ならではの
カラフルで大胆な色使いは、
一度見たら忘れらない印象の強さです。

 

琉球紅型は2種類!

①紅型(びんがた)
②藍型(えーがた)

 

紅型(びんがた)は、いくつもの色を使っていますが、
藍型(えーがた)は藍一色で染めています。

 

きものでしたら、小紋になりますし、
帯であれば名古屋帯が多いです。

 

カジュアルに、おしゃれ着として、とっても楽しめますよ!

 

「ぜひ手にとって、実物を見てみたい!」
そんな方は、ぜひお待ちしております!

琉球染織展
1月21日(土)~24日(火)
帯ときもの やまぐち